セミナー・シンポジウム(2012)

計算錯覚学からのメッセージ

 「見たまま感じたままを信じていいのですか?」

JST、CREST「計算錯覚学の構築」プロジェクトにおける研究成果の展示を行います。
目の錯覚は、理性の及ばない奥深いところで、脳が勝手に情報を作り出した結果です。このことを、不可能モーション、動く静止画などの錯覚作品を通して体験していただきます。また、エネルギーを使わなくても目立つ標識づくりなどへの応用の可能性についても紹介します。 私たちが見たもの感じたものをそのまま信じてよいかについて反省するきっかけとなることでしょう。

    ※ こちらの広告をご覧ください【PDF】

会期 : 2012年5月8日(火)~28日(月)

時間 : 【平日】9:00~19:00 【土】 9:00~18:30 【日】 10:00~16:30

会場 : 明治大学生田図書館 Gallery ZERO
     川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL : 044-934-7945
       ※ 一般の方もご来場いただけます(入場無料)。
     ※ お車でのご来校はご遠慮ください。

主催 : 明治大学先端数理科学インスティテュート 錯覚と数理の融合研究拠点
     JST、CREST「数学」領域、「計算錯覚学の構築」

問い合わせ : 明治大学先端数理科学インスティテュート 事務室 TEL : 044-934-7658


  

▲ Page Top