現象数理学三村賞

現象数理学三村賞

現象数理学三村賞 授賞式および記念講演会のお知らせ

 明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)は、文部科学省から共同利用・共同研究拠点としての認定を受け、「現象数理学」研究の拠点として活動していますが、このたび「現象数理学三村賞」を創設しました。これは、自然・社会に現れるさまざまな現象に対して数理モデルを構築、解析することにより現象の理解を目指し、自然・社会を理解するための数学の重要性を再確認し、より積極的に現象の理解に貢献しようとする数理科学の分野で顕著な業績をあげている者を表彰し、現象数理学の更なる発展を図ることを目的としています。


2017年度は、次の2名の受賞者を決定しました。

  西浦廉政氏(東北大学・特任教授)
  望月敦史氏(理化学研究所・主任研究員)

◆ 次の通り、授賞式と、受賞者による記念講演会を行います。

授賞式のプログラム

時:2017年12月22日(金)
所:明治大学中野キャンパス高層棟3階 311講義室(入場自由)

  1. 15:30-15:50 授賞式
     受賞者と授賞理由の紹介、賞の授与
  2. 16:00-16:50 記念講演1
     望月敦史 氏  「生命のネットワークシステムの動態を決定する構造理論」
  3. 17:10-18:00 記念講演2
     西浦廉政 氏   "Mathematics of Patterns"

▲ページ先頭へ戻る