現象数理セミナー

第7回 現象数理セミナー(2007年度)

  • 日時:2007年10月15日(月) 16:30 ~ 17:40
  • 場所:明治大学生田校舎・中央校舎6階・0605室(メディアゼミ室2)
    小田急小田原線 「生田駅」から徒歩10分
    又は「向ケ丘遊園」駅北口から「明治大学正面」行きバスで終点下車10分
    詳しくは,http://www.meiji.ac.jp/campus/guide.html をご覧下さい


  • 講演者:
    若野友一郎 氏(明治大学先端数理科学インスティテュート)
  • 講演タイトル:
    空間公共財ゲームにおけるパターン形成
  • 要旨:
    公共財ゲームでは、各プレイヤーが公共財に投資するか否かを選択 する。選択に関わらず、すべてのプレイヤーは等しい利得を得るため、集団サ イズが小さいときには投資しない行動(=裏切り)が合理的行動となるが、集 団全体でみれば、全プレイヤーが投資をしたときに利得最大となる。本講演で は、集団サイズが投資者(=協力者)の数によって変化するような生態的公共 財ゲームを考える。この仮定の下では、協力行動と裏切り行動の利得が等し くなるような内部平衡点が存在し、安定共存が実現することを示す。さらに、こ のゲームに空間構造を導入し、反応拡散方程式によってモデル化すると、空 間的に非均一なパターン形成が見られ、共存が促進されることを示す。また、 パターン形成が起こる条件やそのメカニズムについても考察する。





参加自由です。皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

この研究会は科研費基盤研究S『非線形非平衡反応拡散系理論の確立』(代表者:三村昌泰(明治大学理工))の援助を受けております.

明治大学先端数理科学インスティテュート・現象数理部門(世話人:三村昌泰,上山大信)

▲ページ先頭へ戻る