現象数理セミナー

第6回 現象数理セミナー(2008年度)

 

タイトル : 学習能力の進化およびネアンデルタールとサピエンスの交替劇
(Evolution of learning and extinction of the Neandertals)

講演者 : 青木 健一 氏(東京大学大学院理学研究科生物科学専攻)

日時 : 2008年5月29日(木) 16:30 ~ 17:30

場所 : 明治大学生田校舎・中央校舎6階・0605室(メディアゼミ室2)

 

要旨: Temporal and/or spatial environmental variation strongly affects the evolution of social and individual learning.  In particular, individual learning is favored when large changes in the environment occur frequently and repeatedly.  Of special interest is the possibility that humans repeatedly experienced frequent and large changes of the environment during their rapid range expansion from east Africa.  If Neandertals and humans experienced different patterns of environmental change, resulting in the evolution of an innate difference in the capacity for individual learning, then the technology gap that existed between the two species can readily be explained.  Moreover, this technology gap would have given the humans a competitive advantage over the Neandertals

 

 

 

 

 

 

 

 

自由参加です。
皆様のお越しをお待ちしております。 

 

明治大学先端数理科学インスティテュート ・ 現象数理部門(世話人:三村昌泰、上山大信、若野友一郎)


この研究会は,科学研究費補助金 基盤研究(S) 『非線形非平衡反応拡散系理論の確立』 代表者 : 三村昌泰(明治大学理工学部)の援助を受けております。

 

▲ページ先頭へ戻る