第1回 高校生のための現象数理学入門講座と研究発表会

目 的 :
 先端数理科学インスティテュート(MIMS)では、2011年から毎年、「高校生による現象数理学研究発表会」を開催してきました。あいにく2019年の第9回は、台風のため直前に中止を余儀なくされ、2020年は新型コロナ感染症の広がりを受けて開催できませんでしたが、2018年の第8回まで全国各地から多くの高校に参加していただき、活気のある研究発表の場を提供することができました。これらの発表会に参加してくださった高校生や高校教師の皆さま、また、このプログラムの開催に協力してくださった関係者の皆さまに、この場を借りて御礼申し上げます。

さて、MIMSでは、今年度から新しいプログラムとして「高校生のための現象数理学入門講座と研究発表会」を立ち上げることにいたしました。これは、数理的視点を自然や社会の理解に活用する面白さを一流の講師が語る入門講座と、高校生による研究発表会の二部構成になっています。二部構成にすることで、多角的な視点から現象数理学の魅力を伝えることができ、より多くの皆さまに興味をもっていただけると考えております。また、こうした活動を通して、わが国における現象数理学の裾野がさらに広がるよう願っております。発表会に参加しない方も視聴は自由ですので、多くの方々のご参加・ご視聴を歓迎いたします。

MIMS所長 俣野 博 



開催概要

開催日 : 2021年10月9日(土)、10日(日)(参加無料)

開催方法 : Zoom社の Webinar 機能を使用しオンラインで開催します。

本研究会のプログラム :
 本研究会は、次の2部構成になります。

・第1部: 現象数理学入門講座
・第2部: 高校生による研究発表会

スケジュール(暫定)
10月 9日(土) 14:00~16:00 入門講座
10月10日(日) 10:00~12:00 入門講座
  13:00~17:00
 
高校生による発表会
 (表彰式,講評を含む)

* スケジュールは変更になる場合があります。
* 視聴のみの参加も可能です(無料)。 高校生や高校教諭に限らず、どなたでも視聴できます。 


当日の視聴参加には、ミーテイング用Zoomクライアントアプリ(無料アカウントでも視聴可能)の利用が便利ですが、Webブラウザからの参加も可能です。

 【Zoomクライアントアプリのダウンロード】(公式ホームページ)
   https://zoom.us/download#client_4meeting

 【視聴参加可能ブラウザ】
  ・ Chromiun Edge 80以上(推奨)
  ・ Google Chrome 53.0.2785以上(推奨)
  ・ Firefox 49.0以降(推奨)
  ・ Safari 10.0.602.1.50以上
  ・ Internet Explorer 10以上


第1部:現象数理学入門講座

◆ 講師 : 矢崎成俊 (明治大学理工学部数学科 教授)
      「現象数理学おもしろ講座」

◆ 講師 : 河野俊丈 (明治大学総合数理学部現象数理学科 教授)
      「トポロジーで探る対称性と周期性」

※ 数理的視点を自然や社会の理解に活用する面白さを一流の講師が語る入門講座です。
※ それぞれ約50分の講義が2回ずつ行われます。
  (講義題目は変更される可能性があります)

  ● 入門講座の内容と講師のプロフィールはこちら

◆ 視聴方法 :

  • 視聴申込期間 :2021年9月1日(水)~開催当日 (視聴無料) 受付中
  • 視聴申込方法専用申し込みフォームによるWeb申請

※ 視聴申し込みをした方は、入門講座と高校生による研究発表会の両方が視聴できます。
※ 研究発表会の参加登録をした方も、視聴する場合は視聴申し込みをしてください。



参加を希望する開催日の「視聴専用申し込みフォーム」に、必要事項をご記入の上 お申し込みください。
両日とも参加ご希望の場合は、お手数ですが各開催日ごとに申し込みが必要となります。

視聴専用申し込みフォーム ↓

10月 9日(土)

10月10日(日)

   

※ 申し込みフォームにご記入のメールアドレス宛てに受け付け確認メールを送信します。
※ お申し込み後、10時間を経過してもメールが届かない場合はMIMS事務室までご連絡ください。
 ● MIMS事務室
  e-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]を @ に変更してください)


第2部:高校生による研究発表会

 高校生による現象数理学に関する研究を募集します。応募内容を審査し、優れた研究を複数表彰します。
 応募方法、 研究成果の提出方法の概要については、下記をご覧ください。

◆ 募集対象の研究 :
 数理的視点を用いて「自然」や「社会」や「日常生活」に現れるさまざまな現象の理解を深めることをめざす研究。

◆ 募集期間 :

  • 参加登録期間 :2021年7月1日(木)~9月10日(金) 受付終了
  • 研究成果提出期間 :2021年8月23日(月)~9月20日(月) 終了

◆ 応募方法 : ※ 終了しました
 原則として所属高校の担当教員を通してご応募ください。

  • 参加登録専用申し込みフォームによるWeb申請
  • 研究成果提出:PDFファイルを指定された方法でアップロード
    (アップロードの方法は、参加登録後に通知されます。)

 

※ 申し込みフォームにご記入のメールアドレス宛てに受け付け確認メールを送信します。
※ お申し込み後、10時間を経過してもメールが届かない場合はMIMS事務室までご連絡ください。
 ● MIMS事務室
  e-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]を @ に変更してください)

◆ これは研究発表会の参加登録専用の申し込みフォームです。 視聴申し込みフォームではありません。


◆ 提出する研究成果の形式 :

  • A4サイズ縦
  • 5ページ以内
  • PDFファイル

 数式、図、写真などの組み込みは自由です。

◆ 優れた研究の表彰 :

  • 応募研究の中から今年度の研究テーマに沿う優れた研究を複数選び、表彰します。
  • あわせて、発表会当日に、優れた研究の発表動画をZoom画面上に流します。
  • 優れた研究に選ばれた応募者には9月30日までに通知し、発表動画(10分以内、音声付きスライドも可)を作成してもらいます。短期間で動画を作成していただくことになりますが、よろしくお願いします。


◆ 審査基準 :

 審査の際に重視するポイントは次の通りです。

1.研究テーマと成果について

  • 自然や社会や日常生活の諸現象についての理解を深めることをめざす研究であるか。
  • 着眼点が優れているか。
  • オリジナリティーのある研究成果が得られているか。

2. 研究成果の書き方について

  • 問題の背景や研究の動機などが明確に述べられているか。 
  • どのような数理的手法を用いて、どのような現象の理解に挑み、どのような結果を得たかが明示されているか。
  • 既に知られている事実と今回の研究で新しく得られた結果が、きちんと区別されているか。また、他人の研究成果を引用した場合は、出典が明記されているか。
  • まだ発展途上の研究である場合は、今後どのように研究を進めていきたいかが述べられているか。

以上をふまえ、総合的に評価します。



問い合わせ先

明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)
〒164-8525
東京都中野区中野4−21−1
明治大学中野キャンパス 高層棟8階
TEL : 03-5343-8067 (月~金の平日 9:30~16:00)
E-mail:mims.cmma.meiji [at] gmail.com
※メールアドレスの[at]を @に変更してください。
 

主 催 : 明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)

  • 本研究会は、MIMSが運営する文部科学省共同利用・共同研究拠点 明治大学「現象数理学研究拠点」の活動の一環として開催します。文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」JPMXP0620335886の助成を受けています。
 


 

参 考 :
 2021年3月17日に開催された公開シンポジウム【身の回りのを数理の目で解き明かす-】の講演動画をオンデマンド配信中です。さまざまなテーマの興味深い研究が、わかりやすく紹介されています。

      オンデマンド動画配信:【身の回りの?を数理の目で解き明かす-】

▲ Page Top

明治大学